高血圧治療薬はノルバスクがよく使われている

ノルバスクは有効成分アムロジピンベシル酸塩の働きで血管を効果的に拡張させて血圧が上がるのを抑える、カルシウム拮抗薬という種類の高血圧治療薬です。
カルシウム拮抗薬は高血圧の治療で最初に投与すべき第一選択薬です。
ノルバスクは効果の確かさと安全性によってカルシウム拮抗薬の中でも最も処方数が多いことから降圧剤の代表格のような存在になっており、多くの高血圧患者の治療に使われています。

第一選択薬は病気に対する確かな有効性と共に副作用が少ないという安全性の高さが重視されて選ばれています。
ノルバスクが特に信頼されているのは元々副作用が少ないカルシウム拮抗薬の中でも初期の薬から改良が重ねられ、さらに安全性を高めた第3世代に属しているからです。
カルシウム拮抗薬の中でもとりわけ作用時間が長いという特徴もあるノルバスクは、1日1回の服用で24時間効果が持続するというメリットも有しています。

カルシウム拮抗薬は血管壁に存在する受容体にカルシウムが結合して起こる血管収縮を防ぎます。
カルシウムチャネルと呼ばれる入り口をブロックしてカルシウム流入を阻止し、血管を拡張して血圧が上がるのを防ぐため他の器官に影響しにくい降圧方法によって副作用の軽減を実現しています。
カルシウム拮抗薬には顔のほてりや紅潮のほか頭痛や動悸、頻脈といった副作用が出ることもあるとされますが、ノルバスクはそれらの症状も生じにくいという特徴を持っています。

ノルバスクの有効成分アムロジピンベシル酸塩はカルシウムチャネルを塞ぐことで血管を収縮させるカルシウムの流入を防ぎます。
L型・T型・N型の3種類あるカルシウムチャネルのうち血管にかかわるL型への選択性が高くT型やN型には影響を及ぼしにくく、優れた降圧作用を発揮しながら余分な作用が起こりにくいため副作用も効果的に抑制できます。
安心して服用できる上、比較的安価な薬という点もノルバスクの魅力になっています。

ノルバスクは副作用が少ないので使いやすい

ノルバスクは高血圧治療で第一選択されているカルシウム拮抗薬の中で一番多く使われている降圧剤です。
数ある降圧剤の中でも確かな効き目があり副作用も少ないという定評があるグループであるカルシウム拮抗薬ですが、顔のほてりや紅潮、動悸や頭痛といった副作用が出ることもあります。
ノルバスクはそういったデメリットを改良して生み出された第3世代であるため、さらに安全性の高いカルシウム拮抗薬として登場しました。

ノルバスクの有効成分アムロジピンベシル酸塩はカルシウム拮抗薬の作用の特徴であるカルシウムチャネルの阻害において、3種類のL型・T型・N型のうち血管平滑筋や心筋に存在するL型を選択して阻害する作用を持つため、心臓や神経にかかわるT型やN型にはあまり影響しないことで、他のカルシウム拮抗薬を上回る安全性の高さを実現しています。

ノルバスクをはじめ重い副作用が出にくいとされるカルシウム拮抗薬ですが、グレープフルーツの摂取による相互作用には要注意です。
グレープフルーツに含まれている苦味成分フラノクマリン類が、薬物代謝酵素の作用を抑制してしまうため、効果が強く出てしまうことから血圧が下がり過ぎて頭痛やめまい、動悸や心拍数が増えるなどの副作用が出てしまいます。

グレープフルーツによる相互作用はノルバスクの服用後3時間ほど経っていれば薬が吸収されているため安全とされます。
グレープフルーツを摂取してから10数時間は服用不可とされるため、ノルバスクを服用している場合は可能な限り避けた方が良いフルーツと言えます。
スウィーティーやザボン、ダイダイなどにもフラノクマリン類が含まれているためグレープフルーツ同様に注意が必要ですが、温州みかんやオレンジ、レモンやカボスは安全とされています。