高血圧治療薬のミカルディスについて

ミカルディスは主成分テルミサルタンの働きで効果的に血圧を下げ、心臓や腎臓に高血圧の影響が及ぶのを抑えることにも役立つ優れた高血圧治療薬です。
降圧剤には作用の違いによって幾つかの系統がありますが、ミカルディスが属しているのはアンジオテンシンII受容体拮抗薬で略してARBとも呼ばれています。
このタイプの降圧剤はレニン・アンジオテンシン系という血圧を上げる人体の仕組みを途中で阻害して血圧上昇を抑えます。

RAA系は本来は低血圧になった時に働き始めますが、高血圧の人は誤作動で血圧上昇が促されてサインとなるレニンという物質を出し他の物質をまずアンジオテンシンIに変え、さらに変化させてアンジオテンシンIIという血管を収縮させ血圧を上げるカギになる物質を生み出します。
アンジオテンシンIIは受容体と結合して血圧上昇を実行しますが、その受容体との結合をブロックするのがミカルディスをはじめとするアンジオテンシンII受容体拮抗薬です。

アンジオテンシンIはACEという酵素の作用でアンジオテンシンIIに変化しますが、その間を阻害するのがACE阻害薬という系統の降圧剤です。
アンジオテンシンIそのものには血圧を上げる作用はありませんがアンジオテンシンIIに変化して受容体と結合すると血圧上昇を促すばかりか、心臓や腎臓の組織の繊維化も促進されて心不全や腎不全を招きやすくなります。
アンジオテンシンIIの働きを阻害するミカルディスは、それら重要な臓器を守ることにも貢献します。

アンジオテンシンIIに変化するのを阻害するACE阻害薬だけでなくミカルディスのようなARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬が使われるのは、ACE阻害薬の副作用で出やすい空咳のためです。
ACE阻害薬もミカルディスのようなARBも降圧剤としての効果には変わりがなく、高血圧治療の第一選択薬になっています。
空咳が出る場合はARBが選択されますが、誤嚥性肺炎の心配がある高齢者には咳が出るACE阻害薬が選ばれることもあります。

ミカルディスはACE阻害薬と比べて副作用が少ない

有効成分テルミサルタンの働きで人体の血圧上昇システムを阻害して効果的な降圧作用をもたらすARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬であるミカルディスは、多くの人に処方されている高血圧治療薬です。
正しく処方され用法用量を守って服用している限り重篤な副作用が起こりにくいと言われています。
同じ血圧上昇システムでアンジオテンシンIIになる前段階を阻害するACE阻害薬で出やすい副作用の空咳も、ARBのミカルディスでは起こらないという特徴もあります。

副作用が少ないと言われるミカルディスですが効果が高い薬ほど体質や症状、不適切な服用によって副作用が起こる恐れもあり、医師や薬剤師の指示を守って服用を続けることが重要です。
降圧剤にはミカルディスが属するARBのほかACE阻害薬、カルシウム拮抗薬や利尿薬、β遮断薬がありますが、血圧を下げる仕組みはそれぞれ違うため副作用の出方も違って来ます。
医師が患者の状態や体質を診て慎重に処方され治療に役立てられます。

ミカルディスを含むARBはACE阻害薬ということで降圧剤の中では比較的新しい種類とされ、空咳が出なければACE阻害薬のほうが選択されると言われます。
今後は副作用が少ないARBのほうが多く処方されるようになると考えられています。
どちらも同じレニン・アンジオテンシン系に働きかける薬だけに効果は同じで、副作用の心配がより少ないミカルディスの普及がさらに進むことに期待が集まっています。

ミカルディスは1日1回の服用で24時間効果が持続するメリットもあり、降圧剤に起こりがちな副作用としては、血圧が下がり過ぎて起こる頭痛やめまいやふらつきが起こることもあります。
医師や薬剤師の指示や、用法用量を守って服用する限り重大な副作用が起こりにくい薬です。
今後さらに高血圧治療に有効に役立てられて行くと考えられます。