高血圧治療薬のアダラートについて

アダラートはニフェジピンを主成分とする高血圧治療薬です。
高血圧を改善する薬には、作用の仕方によって色々な種類のものがありますが、アダラートはカルシウム拮抗薬という種類の薬です。
カルシウム拮抗薬は、カルシウムが血管の細胞に入ることを防ぐことで血管が収縮しないようにして、血圧を下げるように働きます。

血圧が高くなったり低くなったりする原因のひとつには血管の収縮と拡張が関係しています。
血管内を同じ量の血液が流れていても血管が広くなると血圧が下がり血管が収縮して狭くなると、血圧が上がります。

カルシウムが血管壁の細胞に入ることで血管を収縮させるため、カルシウムがたくさん細胞に入ることで血圧を上げる作用が働きます。
通常はカルシウムの量は一定量に保たれているために血圧が程良い値で安定していますが、高血圧を起こしている場合には、これ以上血管が収縮してしまうと血圧が高くなりすぎるため、カルシウムが細胞に入る量を減らすことで、血管を広げて血圧が正常値内になるようにします。

アダラートの効果は血管を広げて血圧を下げることだけでなく、血管が広がることで血流を良くするという効果もあります。
そのため血圧の治療だけでなく、体の血流が悪くなっている時に血流を良くすることを目的として使われることもあります。

副作用としては動悸、顔のほてり、頭痛、めまいなどがあります。
これらの症状はアダラートを飲み始めた時期に起こることが多く、飲み続けているうちに徐々に副作用の症状が改善していきますが、中には長い期間続いたり、胸の痛みを伴うこともあります。
そのような時には医師に相談するようにしましょう。

他に重篤な副作用として血圧低下、皮膚や粘膜の障害、血液成分の異常などがあります。
これらのものは滅多にあらわれませんが、もしもこういった症状がでた時には注意しておいたほうがよいでしょう。
血液成分の異常などは血液検査を行って異常がないかどうかを調べます。

アダラートは効果が安定して持続する薬

アダラートの大きな特徴は副作用が少ないために、多くの人が使うことができる薬だということです。
特に高齢の人の場合にはすでに持病があることが多く、高血圧になっても使える薬には限りがありますが、アダラートは使用できる人の範囲が広いので高齢者にも使用者が多くいます。

服用方法は病状や錠剤の種類によって異なりますが、通常は1日に1回または2回の服用です。
薬の持続時間が長いので、服用回数が少なくて済むことも大きなメリットです。
血圧の薬は長期間飲み続けることが多いため、服用回数が多いと飲み忘れが出てくる可能性が大きくなってしまいます。

アダラートは初期の頃には効果の持続時間が短いものしかありませんでしたが、開発が進み効果時間が長いものができました。
そのことで服用回数が少なくなるとともに、急激な血圧の変化を起こさないで服用できるようになりました。
服用回数が多いものは服用後に急激に血圧が下がってしまうことがあり、そのことで副作用が起きやすいというデメリットがありました。
現在のアダラートは飲み始めてから徐々に作用が出てくるため、急激な血圧変化を起こしにくくなっています。

使用量はニフェジピンとして10~20mgを1回量とすることが多いですが、使用量は病状に応じて変わってくるため医師の指示に従いましょう。
また飲み始めてからも症状の変化に合わせて、服用方法が変わることがあるために、服用後の血圧の変化をしっかりとチェックしておくことも重要です。
血圧が下がり過ぎている時などは使用量を調整する必要が出てくるからです。反対に服用しても血圧が高すぎる時には使用量を増やさなくてはいけません。

アダラートは副作用が少なく効果が安定して持続する薬なので多くの人が利用しており、とても優秀な血圧の薬です。