高血圧が引き起こす合併症について

高血圧はいわゆる生活習慣病の中でもとてもポピュラーな病気の一つです。
会社などの健康診断で高血圧気味だと診断される人も多いのではないでしょうか。

高血圧の特徴として、特に本人には自覚症状が無い点が挙げられます。
しかし決して自覚症状が無いからといって放置して良い病気ではありません。高血圧は自覚症状はなくとも放置していると確実に身体を蝕んでいきます。

そして、たくさんの恐ろしい合併症を引き起こす元となるのです。高血圧によって発症することが懸念される合併症についてみていきましょう。

高血圧の合併症として真っ先に名前が挙がるのが動脈硬化です。では高血圧による動脈硬化はどのような経緯を経て発症するのでしょうか。

高血圧になると血液を流れる時に大きな圧力がかかります。
大きな圧力がかかると血管が破れる恐れがあるため、血管は高い血圧に負けない血管を作ろうとして血管の壁を厚くします。
血管壁が厚くなると、血管の弾力性が無くなって硬くなります。
さらに血管の壁が厚くなることによって血管の中の血液の通り道が狭くなります。この状態が動脈硬化です。

動脈硬化によって血液が流れにくくなることによって更なる合併症を引き起こす危険性が高まります。
高血圧による動脈硬化によって引き起こされる恐ろしい病気の代表が心筋梗塞です。

動脈硬化によって硬くなり、かつ通り道が狭くなった血管の中で血管の壁がはがれると、血管の通り道を完全に塞ぎます。
すると心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている大きな血管が完全に詰まります。これが心筋梗塞です。
心筋梗塞を発症した場合は一刻を争います。早急に病院に行って詰まった血管を治療しなければ命を落とす危険があります。

同じ様に心臓の血管ではなく、脳の血管が詰まることによって引き起こされるのが脳梗塞です。
脳梗塞も脳の機能が血管が詰まった先から働かなくなるため、一刻も早い治療が必要です。
脳梗塞の場合は治療が成功しても重い合併症が残る恐れがあります。

糖尿病かつ高血圧の場合は動脈硬化になりやすい

高血圧と同じくらい生活習慣病の中でポピュラーでかつ恐ろしい病気が糖尿病です。
実は糖尿病と高血圧は切っても切れない関係にあります。
実は糖尿病を発症している患者さんには高血圧を併発している人がかなりの割合を占めているのです。

ある調査によると子糖尿病患者のおよそ30パーセントから60パーセントの割合で高血圧も併発しているという結果が出ています。

高血圧も糖尿病も生活習慣の中で食事や運動が大きく関係しています。特に肥満の人は両方を併発しやすいです。
肥満気味になると血圧をあげるホルモンが多く分泌されやすくなるうえに血糖値を下げるのに重要な働きをするインスリンの分泌量が低下します。

これらのような相互作用によって糖尿病と高血圧を併発することになるのです。
そのほか、遺伝的要因によっても高血圧と糖尿病を併発する可能性があることもわかっています。

糖尿病と呼応血圧を併発している患者さんが特に気をつけなければいけない病気があります。それは動脈硬化です。
糖尿病も高血圧も互いの血管に大きなダメージを与えます。
血圧が高くなることによって血管の壁が厚くなって血管の通り道が塞がっていくうえに糖尿病によって血管がボロボロになります。

すると血管の壁がある日突然はがれてさらに血液の通り道が狭くなります。この状態が悪化するとある日突然完全に血液の通り道を塞ぐことになるのです。
糖尿病と高血圧を併発している場合、両方の病気を発症していない健康な人と比べると動脈硬化による心疾患や脳疾患によって死亡する可能性が6倍から7倍に跳ね上がると言われています。

糖尿病の改善はなかなか難しいですが、高血圧は病院での適切な治療と生活習慣の改善で必ず良くなる病気です。
高血圧と診断されたら早めに改善していきましょう。