加齢とともに気になってくるのが血圧の上昇、すなわち高血圧症です。
高血圧が厄介な点は、初期の段階では自覚症状がほとんどなく、気付くのが遅れるという点です。
目立った症状がないからといって高血圧のまま放っておくと、心臓病や脳卒中など生命の危機に繋がる深刻な合併症の発症リスクが高まってしまいます。
高血圧の症状や引き起こすであろう重篤な病気、高血圧症を緩和・解消する治療薬であるオルメテックに関して学んでいきましょう。

高血圧の症状とは?

人間は、肺に取り込んだ酸素や食物から取り込んだ栄養素を血液に乗せて、心臓から全身へと行き渡らせます。
心臓が血液を送り出すポンプの強さを「血圧」と呼びます。
そして、心臓が収縮して血液を押し出す時の圧力を収縮期(最高血圧)、心臓が拡張して全身の静脈・肺などから血液を吸い込む時の圧力を拡張期(最低血圧)と呼びます。
この最高値と最低値のいずれか、もしくは両方が正常とされる基準値を一時的にではなく持続性を持って超えている状態を「高血圧」と言います。

基準値としては、収縮期血圧(最高値)が140mmHg以上、拡張期血圧(最低値)が90mmHg以上ある場合を指します。
一日のうちに何度か血圧の検査を行い、その数データから平均値を割り出したものを血圧とします。
運動後や食事の後のように一時的に高いものではなく、高血圧の状態が慢性的に高いと診断された場合、さまざまな臓器に悪影響を及ぼす可能性が非常に高くなります。

内臓疾患などが原因で発症する二次性高血圧を除き、一般的な高血圧(本態性高血圧)は原因がはっきりしていません。
医師の見解では、血圧が高まりやすい遺伝的な体質と、生活習慣の乱れと加齢が複合したことにより発症すると考えられています。
生活習慣については、主に塩分やアルコールの過剰摂取、肥満やストレスなどが血圧上昇に影響を与えているとされています。

頭痛がする男性

高血圧が生み出す症状に関して見ていきましょう。
通常、高血圧のみである時点では、その状態が何かの症状を引き起こすことはほとんどありません。
中には軽い頭痛や倦怠感、肩こり・めまいなどを覚えるケースもあります。
しかし、疲労から来る肩こりや風邪など感染症による前駆症状と酷似しているため、ほぼ自ら気付くケースはないでしょう。
高血圧の状態を放置して発症する病気や症状の方が目立つこと、初期段階は自覚症状がほぼないことが特徴です。

高血圧の状態のまま放置すると、全身へと血液を送り出すポンプの役割を果たす心臓の負担が大きくなります。
その結果、血管が硬くなるなど多くの弊害が生まれ、虚血性心疾患や脳卒中を引き起こしてしまいます。
この他、腎臓病のリスクも高まるため、ある程度年齢を重ねたら定期的に検診を受けるようにして予防する必要があります。
また、塩分を控えたりお酒の量を減らしたり、睡眠時間を増やすなど生活習慣も見直しましょう。

オルメテックの効果について

オルメテックは、高血圧症に用いられる薬・オルメサルタンメドキソミルの製品名であり、血圧を下げる効果があります。
オルメサルタンメドキソミルには、血圧を上げる体内物質「アンジオテンシンII受容体」の活動を抑える作用があります。
服用することで体内に張り巡らされている血管自体が広がり、水分や電解質が調整された結果血圧を下げることができます。
そのため、心臓はもちろんのこと腎臓の負担も軽くすることができます。

分類としては「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」と呼ばれる、比較的新しい部類の降圧薬です。
英語圏ではアンジオテンシンII受容体拮抗薬を「AndiotensinIIReepterBlocker」と呼ぶため、これを略してARBとも称されます。
医学作用としてみれば、血圧を上昇させるのに一役買うアンジオテンシン変換酵素(ACE)自体を押さえ込んでしまうACE阻害薬と似た作用を持っています。

オルメテックは国内で4番目に開発・導入されたARBとなります。
薬の利点としては、ACE阻害薬の多くに見られる咳の副作用がほとんどない点です。
他の副作用も比較的少ないため、長期維持療法に適した薬として多く処方されています。
薬の持続性が長く、1日1回の服用で済むのも大きなメリットです。降圧薬を用いることにより、心不全などの心臓病や腎硬化症などの腎臓病にも有効と考えられています。
血圧を適切に保つことで、将来起こりうる脳卒中などの大病を防ぐことに繋がるからです。

服用する用量としては、10~20mgを1日1回経口服用するのが一般的な量です。
通常は1日5~10mgから服用を開始して、年齢や症状によって増減の調整を行います。1日における最大服用量は40mgまでとなっています。

重い副作用は見られないものの、薬効が必要以上に行き渡ると血圧が下がりすぎて、強いめまいや立ちくらみを起こします。
特に飲み始めは、めまいや立ちくらみを起こしやすい傾向にあります。服用した際は急に立ち上がらずに、ゆっくりとした動作を心がけましょう。
また、一部の例で失神など一過性の意識消失も確認されているため、車の運転や高所での危険な作業には十分注意してください。
高齢の方や、血液透析中の方、厳重な減塩療法中や夏季脱水時の他、利尿薬など他の薬と併用する時は注意が必要です。

他の副作用として、まれに肝臓が悪くなるケースも挙げられます。定期的に肝機能の検査を受けるようにしましょう。
顔や口が腫れあがる、重篤な血管浮腫も報告されているため、飲み始めの時期は身体の変化に気を配ってください。

オルメテックは長期維持療法に向いている

オルメテックが長期維持療法に向いている理由に、ARBであることが挙げられます。
ACEなど降圧薬にはさまざまな種類がありますが、ARBはアンジオテンシンII受容体を押さえ込むことで血圧を下げます。
さらにARBの特徴としては、血圧を下げる働きの他に腎臓・心臓を保護する作用や脳循環調節作用、糖・脂質の代謝を改善する作用も持っています。

通常の降圧薬は効果が強い代わりに副作用も強く、また服用すること自体が身体への大きな負担を与えます。
しかし、ARBは腎臓・心臓に負担をかけないばかりか、逆に保護する役割もあるため、高齢の方の強い味方となります。
高血圧の治療は長期間にわたって治療するケースが大半であるため、長期維持療法には最適な薬です。
また、加齢とともに衰えてくる心臓や腎臓を守りたい方や、既に心臓や腎臓の合併症を発症している方にも使える貴重な存在です。

しかも、オルメテックの降圧効果はARBの中でもトップクラスです。
疾患から来る高血圧ではない、本態性高血圧に対するオルメテックの薬効が効く確率は79.8%、重症者に対しての有効率は86.2%にもなります。

オルメテックの形状は、錠剤タイプと口の中で自然に溶けるOD錠タイプがあります。
有効成分はどちらのタイプも全く同じであり、OD錠は水がなくても飲むことができます。
そのため、水でむせやすい方や嚥下障害をもった方、加齢により飲み込む力が衰えたり長期維持療法が必要な高齢の方に最適です。

さらに、長期維持療法に適している理由として、糖・脂質の代謝を改善する働きがある点も挙げられます。
心不全や腎臓病を発症していると従来の降圧薬では臓器に負担をかけるため投与しにくかったのですが、オルメテックの登場により、心不全などの心臓病や腎臓病を抱えた方にも安心して投与できるようになりました。
それに加えて、これらの疾患の治療にもなるため、普及率は現在もどんどん拡大しています。

副作用の発生率が3.9~11.4%と低いのも、長期維持療法に用いられている理由のひとつです。
起きる副作用も、血圧が急激に下がることで発症するめまいや頭痛、ふらつきなどが主体です。
飲み始めにおこりやすいという傾向をしっかり加味した上で、定期検査を受けつつ医師の指示を守りながら服用すれば安全です。